宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

ベテルギウスの爆発はこんなにも美しい!?

オリオン座の一角として夜空に美しく輝く1等星・ベテルギウス。
おおいぬ座α星のシリウス、こいぬ座α星のプロキオンとともに冬の大三角を作ることでも有名です。

地球から約640光年離れた場所にあるこの星は、何と太陽の約900倍も大きい超巨大な赤色巨星です。
あまりにも巨大なためもし太陽の位置にあれば火星まではすべて飲み込まれ、木星の軌道付近まで到達してしまうほど。

ベテルギウスがここまで巨大なのは、死期が間近に迫っているからだといわれています。
実は太陽もベテルギウスほどではありませんが、数十億年後には地球を優に飲み込んでしまうほど巨大化するそうです。

そんなベテルギウスがもし今爆発したら、地球からはどのように見えるのでしょうか?
そんな疑問を美しい映像とともに明らかにしてくれる面白い動画があったので解説していきます!
壮大で感動的なBGMにもご注目ください。

ベテルギウスの最期

 

「爆発直後からベテルギウスの温度は急激に上昇していき、色は本来の赤から青に変わります。
爆発から1時間後、ベテルギウスはどの星よりもまぶしく輝き、誰もがその異変に気付き始めます。」

この光景、めちゃくちゃ綺麗じゃないですか??
ベテルギウスが超新星爆発を起こしても地球には害はないと考えられているので、死ぬまでにこの光景を見てみたいですね。

「爆発から3時間後、明るさはさらに増し、満月のおよそ100倍の眩しさで輝きます。」

満月のなんと100倍の明るさ!
あまりの明るさに夜も眠れない人が出てくるかも!?

「たとえ昼間であっても、その明るさを確認することができます。」

「その明るさは3ヶ月間も続きます。」

これだけ長く続いてくれるなら、誰でも一度は爆発後に美しく輝くベテルギウスを拝むことができそうですね。

「ベテルギウスの周りでは、死ぬ間際に放出されたガスが超新星爆発の強烈な光にさらされ輝きます。」
いわゆる星雲というやつですね、これもまた美しいです。

「4ヶ月経つと温度が下がり、星の色が青からオレンジになります。」

「さらに温度が下がり色はオレンジから赤へ変わっていき、4年後にはついにベテルギウスは肉眼で見えなくなります。」

「爆発から数百年後には、散り散りになったベテルギウスの残骸と星雲を観測することができるでしょう。」

いかがでしたか?
爆発からしばらくはとても美しい光景を楽しむことができそうですが、あれだけ美しかったベテルギウスがなくなるとなんだか喪失感がありますね…

でももし私たちが生きている間にこんな現象が見れたら、人生で最大の天文現象になること間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。