宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

探査機カッシーニが撮影した土星の超高画質映像がヤバい…

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回は「カッシーニが撮影した土星」というテーマで動画をお送りしていきます!

キャベチのツイッター(@uchuyabaich)をフォローするとブログの更新がお知らせされます!

土星探査機カッシーニ

カッシーニは、NASAESA(欧州宇宙機関)によって開発され、1997年に打上げられた土星探査機です。

カッシーニ以前に打ち上げられた探査機、ボイジャー1,2は、1980年、81年にそれぞれ土星を通過し数々の発見をしましたが、多くの謎を残したまま、太陽系外へ向かっていきました。

その残された謎を解明するのが、カッシーニに課せられたミッションでした。

カッシーニが残した映像

打ち上げから7年の旅を経て、カッシーニは2004年に土星の軌道に投入され、史上初の土星の人工衛星となりました!

その後カッシーニは、最期の瞬間まで様々な映像を私たちに届けてくれました。早速紹介していきます!

CreditNASA/ESA

まずはこちら、土星が太陽の光を背負った様子を撮影したものです。

複数のリングの存在がはっきりと映し出されています。めちゃくちゃ神秘的ですね。

CreditNASA/JPL

こちらは土星のリングです。

マイクロメートル単位からメートル単位の無数の小さな粒子が集団になって土星の周りを回っているといわれています。

粒子のほとんどはであるといわれています。

CreditNASA/ESA

リングと一緒に回転している黒い影は、「スポーク」と呼ばれる構造です。

これはなんと、アジアと同じくらいの大きを持つ氷の雲だそうです!

スポークは、土星の真冬や真夏には消えて、夏と冬が入れ替わる分点に近づくと再び現れる土星の季節的な現象だと考えられています!

CreditNASA/ESA

これは土星の北極に存在する六角形の嵐です。

六角形の1辺の長さは14500kmで地球の直径は、12700kmなのでこの中にすっぽりと地球は入ってしまいますね。

左が2013年、右が2017年に撮影したものでたった4年間で色が変化していることがわかります。

しかし、この色の変化の原因はまだはっきりとはわかっていないようです

CreditNASA/ESA

これは六角形の嵐の中心で渦巻く台風を撮影したものです!

土星と土星の輪の間を通り抜けて土星の大気上層からおよそ2000kmの距離から撮影することに成功し、これは今までで最も近い位置から土星を捉えたものになっています!

CreditNASA/JPL

最後に紹介するのは、こちらです。

前方に逆光を放つ土星、そして迫力満点のリングが写っています。

そのリングの下側に小さく光る星が見えます。これ、なんと地球です。

本当に奇跡的な写真ですね。

グランドフィナーレ

2004年に土星の軌道に投入されてからおよそ13年に渡って土星を観測し続けてきたカッシーニですが、いよいよ最期の時を迎えます。

Credit:NASA/JPL

NASAはカッシーニに、土星本体とリングの間を通過させ、土星大気に突入させるという最期のミッションを課し、これを「グランドフィナーレ」と名付けました。

カッシーニは、燃料が切れて制御不能になった場合、土星の衛星に衝突してしまう可能性がありました。

中でも、地表を覆う厚い氷の下に海があるのではといわれているエンケラドスや、メタンの海が存在するタイタンは生命が存在する可能性がある衛星です。

カッシーニがそれらの衛星に衝突すると、付着した地球の微生物によって生命が存在できる可能性のある環境が汚染される恐れがありました。

Credit:NASA/JPL

それを避けるために、カッシーニは自己消滅する必要があったのです。

そして2017915日、カッシーニは土星の大気圏に突入し、流れ星となって土星の空に消えていきました。

いかがでしたか?

ミッションをやり遂げるために自ら土星の大気圏に突入したカッシーニの功績を無駄にしないためにも今後の土星研究に期待ですね!

結論:カッシーニ「止まるんじゃねえぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。