宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

明日は日食の日!日食の仕組みと見られる場所をおさらい

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

明日6月21日は部分日食が見られるということで、今回は日食について簡単な仕組みと、今回の日食はどこでどれくらい見れるのかを掘り下げていこうと思います。

キャベチのツイッター(@uchuyabaich)をフォローするとブログの更新がお知らせされます!

日食とは?

Credit:国立天文台

日食とは、太陽が月によって隠され、まるで太陽がかじられたかのように欠けて見える天体現象です。

太陽と地球の間に月が入る時に起こりますが、月の軌道が地球の公転面に対して傾いているので、運良く太陽と月の方向が重なる時だけ見ることができます。

日食は、「部分日食」「皆既日食」「金環日食」という三種類に分けることができます。

「部分日食」とは、太陽の一部が月に隠された状態です。

このあと紹介する「皆既日食」や「金環日食」も、日食の始まりと終わりはこの部分日食になります。

そして「皆既日食」とは 月が太陽全体をすっぽりと隠してしまう現象のことを言います。

別名黒い太陽と呼ばれることもあります。

また、皆既日食が起こる時に普段見れないものが見ることができます。

それは太陽の大気である「コロナ」です。

コロナは王冠という意味があって 皆既日食時に見られる太陽の大気がまるで王冠のように見えることから名付けられています。

そして皆既日食とは別に、金環日食という現象が見える場合もあります。

これらは月と地球の距離によってどちらが起こるのかが決まります。

月と太陽は見かけ上ほぼ同じ大きさに見えています。

これは太陽は月より半径が約400倍ありますが、地球からの距離も月の約400倍あるためです。

ただ、地球と月はそれぞれ楕円軌道のため、太陽と月の見かけの大きさは変化します。

月が太陽より大きく見えている時は皆既日食になりますが、月が見かけ上太陽より小さく見える時には太陽をすっぽりと覆うことができません。

その結果太陽の外側だけがはみ出て見えることになり、まるで金の輪っかのように見えます。

これが「金環日食」です。

月は年に3センチづつ遠ざかっているので、将来的には皆既日食が地球上で見ることができなくなります。

皆既日食と金環日食が両方観測可能な時代に生まれてラッキーですね!

Credit:国立天文台

皆既日食と金環日食は、地球上では月の影が落ちるほんの限られた範囲でしか見ることができません

それ以外の地域では部分日食が見られることになります。

皆既日食や金環日食が起こると、その場所では月が覆った瞬間だけ夜のように暗くなります。

そのため、昔は日食が起こると不吉なことが起こると言われていた時代もあったようです。

今回の日食はどこで見れる?

Credit:国立天文台

今回日本に見ることができるのは部分日食となります。

起こるのは16-18時頃で、南の地域の方が大きく欠けて見えるようです!

札幌住みの僕としては残念…

次に日食を見ることができるのは2023年6月21日ですが九州南部など限られた範囲で、しかも少ししか欠けません。

全国で日食が見ることができるのは、北海道で金環日食が見える約10年後の2030年6月1日です!

晴れますように!

明日晴れたら、滅多に起きない天体現象を見てみましょう!

ただし、日食を見るときに太陽を直接見ないように注意です。

太陽が月に隠されて行くといっても太陽の光はとても眩しいため、日食グラスを使って観察しましょう。

サングラスなどでも目を傷めますので必ず日食グラスを利用をして安全に天体現象を観察しましょうね。

結論:日食ムスカにだけはならないようにご注意!

情報参照元:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/solar-eclipse.html

サムネイル画像クレジット:国立天文台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。