宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

宇宙人の仕業!?長年正体不明だった電波信号Wow!シグナル

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回は「謎の電波信号Wow!シグナル」というテーマで動画をお送りしていきます。

キャベチのツイッター(@uchuyabaich)をフォローするとブログの更新がお知らせされます!

「Wow!シグナル」とは?

地球外知的生命体探査(SETI)プロジェクトの観測をしていたオハイオ州立大学のジェリー・エーマン氏は、1977年の8月15日にビッグイヤー電波望遠鏡にて、約72秒にわたる非常に強い電波信号を観測しました。

この信号は非常に強力でした。

電波の強度は9までは数字で表され、10以降はA,B,C…とアルファベットで表されますが、当時観測された信号の強度はなんと”U”で、30~31という、観測史上最も強い電波信号だったそうです!

圧倒的ですね。

Credit: Big Ear Radio Observatory and
North American AstroPhysical Observatory (NAAPO)

これほどまでに強い信号が観測されたことから、観測したジェリー・エーマン氏は信号強度を記す図に「Wow!」と書き足し、そこからこの信号のことは「Wow!シグナル」と呼ばれるようになりました。

Wow!シグナルをさらに解析したところ、その信号の周波数は1420.356MHzもしくは1420.456MHzと2通りの値が示されています。

さらに仮に知的生命体による恒星間の通信が行われた場合、その周波数は1420.406MHzという値がよく用いられると予想されていたため、Wow!シグナルはちょうどその値に近い周波数を持っていたということになります。

Wow!シグナルは発信源となり得る天体の候補も見つからず、地球由来の電波である可能性も否定されていたことから、Wow!シグナルは地球外生命体の存在を示す証拠であると信じられることも多い注目度の高い現象となっています!

「Wow!シグナル」の正体が判明!?

Wow!シグナルの発信源を突き止めるために観測以来様々な調査が行われてきましたが、同様の信号を観測することができず、長年その正体が不明のままでした。

ですが2016年、セントピーターズバーグ大学のアントニオ・パリス教授は、Wow!シグナルの発生源は2つの「彗星」である可能性を、論文にて発表しました!

Wow!シグナルの候補とされたのは2006年に発見された266P/Christensenと、2008年に発見された355P/2008 Y2(Gibbs)という2つの彗星です。

これらはいずれもWow!シグナル観測当時には未発見でした。

太陽に近付いた彗星の表面からは、熱で蒸発した水素ガスが発生するため、彗星は水素の雲に覆われてます。

この雲が電波を放つことから、彗星はWow!シグナルの候補となり得るようです。

さらに地球から見て同じ方向から同様の電波が観測されなかったことも、彗星が太陽を公転するために地球との位置関係が変動していることから説明できます。

これらの仮説をもとに実際にパリス教授は2016年11月から2017年2月までの間、なんと200回にもわたって候補彗星のうち266P/Christensenの方を観測し続けました。

その結果、見事Wow!シグナルと同じ周波数の電波を観測することに成功したのです!

さらに研究チームは他の3つの彗星も観測したところ、全ての彗星から同様の電波信号を検出することに成功したようです。

このことから、現在ではWow!シグナルの最有力候補は「彗星」であると考えられています。

実際にパリス教授が当初予想していた彗星266P/Christensenが発生源かどうかは不明ですが、他の彗星からも同様の電波が観測されていることから、犯人が太陽系内の彗星である可能性は十分に高そうです。

地球外生命体の仕業ではない可能性が高くなったことはロマンという意味では少し残念な気もしますが、このように様々な現象への理解が進み、多くの宇宙の謎が解き明かされていくことも面白いですね!

結論:Wow!Wow!Wow!Wow!Wow!Wow!Wow!Wow!Wow!Wow!Wow!…

サムネイル画像クレジット:Jingchuan Yu, Beijing Planetarium / NRAO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。