宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

130万年後に太陽系に最接近する恒星を再現してみた【グリーぜ710】

どうも! 宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回のテーマは「将来太陽系に最接近する恒星」でお送りしていきます。

将来太陽系に最接近する恒星「グリーゼ710」

 

現在最も太陽系に近い恒星として知られているのは、4.2光年離れた「プロキシマ・ケンタウリ」です。

ですがこれから約130万年後の未来、それよりもはるかに内側に侵入してくる恒星が存在します。

それが画面内にある「グリーぜ710」です。

そんなグリーぜ710はどれだけ内側まで入り込んでくるのか、太陽系への影響はどれほどなのか、検証していきます!

グリーゼ710の現在の位置

では地球を飛び立ち、グリーぜ710が現在どの位置にいるのかを見にいきましょう!

遥か彼方まで拡大しようやく左下から出てきました!

この星は現在地球から62.3光年彼方に存在しています。改めて恒星のスケールは遠い

この星のスペックは質量が太陽の60%、大きさが67%、温度が太陽より1500ほど低いです。

割と省エネの目立たない星ですが、太陽に近づいているため注目されています。

グリーゼ710の130万年後の位置

ではこの恒星は約130万年後、どこまで太陽系に接近するのでしょうか? 見てみましょう!

ここです! 先程とは比較にならないほど近づいているのがわかりますね。

なんと最接近時には0.25光年のところにまで接近するそうです!

ちなみに現在最も近いプロキシマケンタウリがこの距離なので、これがいかに近いかがわかるはずです。

 

さらに最接近時には地球から太陽以外の恒星で最も明るく輝いて見えるそうですよ。

あのシリウスの倍以上明るく見えるとも言われています!

さらに接近する可能性も…

しかし既知の太陽系天体たちまではまだまだ距離があるので、オールトの雲への影響は免れないとはいえ太陽系の内部構造への影響はまず見られないでしょう。

ですが0.01%の確率で、なんと0.016光年(1000AUの距離まで接近する可能性もあるとされています。

その場合の配置も見てみましょう!

ありました、セドナの軌道が間近に迫るほどの大接近です!

小惑星の起動が刺激されて内部にまで大量の隕石が送られるとされています

 

では地表に降り立ち、そこからの景色も見てみます!

現在・16,000AU1000AU3つのグリーぜ710が並ぶカオス絵図ですが、残念ながら明るさの違いはゲーム上ではわかりません

ですが万一1000AUまで近付いた時には金星などの惑星以上に明るく見えることでしょう!

最後にこの配置で時間を動かしてみましたが、内部構造にまで直接の影響はなさそうです。

しかし16000AUまで近づいた時点で1光年先まで広がるとされるオールトの雲に侵入していることになるため、多くの隕石が内部にまで送られてくるとされています。

130万年未来にまで人類が存続していたら、その時は隕石への対策が不可欠になりそうです。

 

結論:人類マジがんばれ!

YouTubeの「宇宙ヤバイch」では宇宙関連の動画を多数投稿しているので、ぜひ下記のボタンからチャンネル登録をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。