宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

銀河系最大の球状星団「オメガ星団」ってどんな天体?特徴まとめ!

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回は「ω星団」をテーマに動画をお送りしていきます。

ω星団はNGC 5139とも呼ばれる球状星団です。

球状星団は重力的拘束により恒星が球状に集まった構造を持つ天体です。

銀河系には150個ほどの球状星団があると考えられていますが、その中でもこのω星団は最大の球状星団です!

肉眼だとぱっと見普通の星のように見えますが、少し望遠鏡等で拡大してみるとただの星ではないことがわかります!

単一の星ではなく星の集まりなんですね。

視等級は3.9なので地球から肉眼でもみることができますが、残念ながら日本からだと位置が低く観測が難しいです。

ω星団へ向かっていく!

ではその構造について深堀りしていくために、ω星団に向かってみましょう!

ω星団までは17000光年ほど離れています。

綺麗な星々の集団が見えてきました!

明らかに周囲と比べて高密度で、なんと星々の間隔は平均0.1光年しか離れていないそうです!

プロキシマケンタウリの40分の1の距離に別の恒星があるイメージですね。

そんな超高密度の星団ですが、直径は150光年もあります。

その中には1000万個もの恒星が集っています!

その星々の質量を合わせると太陽の400万倍にもなります。

ω星団の中心には何がある,,,!?

ではこんな巨大な組織を牛耳っている輩は一体何者でしょう?

中心部に拡大していくと、何やら見慣れた光景が

そうです。「ブラックホール被害者の会」ですね!

ω星団の中心にもブラックホールがあると考えられています!

このブラックホールの質量は太陽の4万倍ほどとされています。

これだけ重いですが、カテゴリーとしては「中間質量ブラックホール」です。中間?(哲学)

(画像出典)

ω星団は元々別の小さな銀河だったようです。

それが銀河系に捕らえられて、他の星々同様に銀河系の中心を公転するようになったと考えられています!

結論:宇宙は上下関係が厳しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。