宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

宇宙で最も明るい天体クエーサーとは?ブラックホールや銀河との違い

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回は宇宙シミュレーターuniverse sandbox 2を使って、「クエーサーとは何か」を映像付きで解説していきます!

そもそもクエーサーとは?その正体と驚異のスペックを解説

クエーサーは地球から数十億光年~百数十億光年という非常に遠くにある極めて明るい光源です。

平均的なものですらその明るさは太陽の10兆倍、さらに太陽系が属する銀河系の1000とまさに桁違いのエネルギーです!

その光の正体は長らく不明でしたが、現在では銀河の中心にある超大質量ブラックホールだろうと考えられています。

銀河系の中心にも「いて座A*」という、太陽の430万倍も重い超大質量ブラックホールがあると言われています。

が、クエーサーのブラックホールにはいて座A*のさらに100倍以上重いものが多数存在し、大きいものではなんと数百億太陽質量のものまであります!

この規模のブラックホールでは太陽の600億倍重いTON 618が有名ですが、このように太陽系のセドナ軌道まですっぽり入るほど大きいですw

【TON 618】宇宙最大のブラックホールの恐るべきスペックとは?

こんな巨大なブラックホールは常に大量のガスを吸収しており、それに伴い周囲のちりが摩擦熱などにより加熱されて数億度という超高温になります。

その莫大なエネルギーが宇宙最大の光となって遥か彼方の地球にまで届いているのです。

 

つまりクエーサーの正体は銀河ではなくその中心の超巨大ブラックホール(にやられた方々)です。

輝きに満ちた人生を送りたい方はぜひブラックホールにお近付きあれ!

 

クエーサーは肉眼で見える?

これだけ明るいクエーサーですが、あまりに遠いため最も明るく見えるクエーサーでも視等級は12.6等級です。

肉眼で見える限界の明るさは6等級なので、それの500分の1ほど暗い事になります。

とはいえこれほどまでに途方もなく遠いのにも関わらず、太陽系内の冥王星よりも明るく見えるのは本当に凄まじいです。(冥王星は最大で13.6等級)

 

最も明るいクエーサーの明るさはどれくらい?

そんな宇宙で最も明るい天体であるクエーサーですが、それではクエーサーの中でも一番明るいクエーサー、つまり正真正銘宇宙で最も明るい天体はなんでしょうか?

それはWISE J224607.57-052635.0という銀河です。

これは地球から見た位置(座標)で名付けられてますが、相当なDQNネームなので以下Jとします。

一番明るいクエーサーで結局銀河かよ!?となりそうですが、その明るさのほとんどが銀河中心にあるクエーサーによるものなので、結局最強はクエーサーです。

なんとこのJ太陽の350兆倍の明るさを誇るそうです!

もはや意味がわからないので、どれだけのものなのかわかりやすく例えてみます。

このクエーサーを地球から見たときに太陽と同じ明るさに見える距離はどれくらいでしょうか?

正解はなんと300光年です。

太陽より1700万倍遠くにあって初めて同じ明るさで見えます。

それだけ離れていても熱でたちまち灼熱地獄でしょう!

 

宇宙で最も明るい天体の桁違いの威力を実感できましたか?

こんな怪物が宇宙には実在しているのですから、本当に面白いですね。

結論:クエーサーはツエーさー(全米の爆笑)

 

YouTubeの「宇宙ヤバイch」では宇宙関連の動画を多数投稿しているので、ぜひ下記のボタンからチャンネル登録をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。