宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

青色超巨星リゲルの特徴まとめ!ハイスペックの連星だった!?

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回は「青色超巨星リゲル」について深堀りしていきます。

リゲルの基本情報

恒星の色は温度が低い順に赤→オレンジ→黄→白→青と 変化しますが、リゲルは表面温度が12000℃と太陽の2倍以上 にもなるため、このように青く輝いて見えます。

大きさを太陽と比較

そしてリゲルは安定した主系列星から進化し、 太陽の80倍近くの大きさまで膨張しています!

このように太陽と比べるとその大きさがよくわかります。

太陽系の中心にリゲルを持ってくると、一層その大きさが よくわかりますね!

水星の公転軌道を直接飲み込んでしまう ほど巨大です。

ですが以前紹介したベテルギウスはさらにリゲルの 10倍以上大きいです。

リゲルもさらに時間が経てば、 より膨張し温度が低下してベテルギウスのように進化します。

以下の記事でベテルギウスを詳しく解説していますので、あわせてご覧になって下さい!

爆発間近!?ベテルギウスってどんな恒星?特徴まとめ!

強大なエネルギー

恒星の放出するエネルギーは、温度の4乗と大きさの2乗に 比例します。

リゲルはそのどちらもかなりの高水準なので、 エネルギーは地球から肉眼で見える星ではトップクラスです。

具体的に数値にすると太陽の12万倍!!

これだけ強大な力を持っているので、このように太陽系の 中心にあれば各天体はひとたまりもありません。

各惑星の温度は、水星が7135℃、金星が13461℃、地球が 5110℃、火星が3513℃、木星が1772℃、土星が1214℃、 天王星が790℃、海王星が597℃、冥王星が67℃でした!

ちなみにこのリゲルのエネルギーから逃れ、地球が今と同じ 適温になるためには、リゲルから345AU離れて 公転する必要があります。

オリオン座 リゲル

オリオン座 リゲルはベテルギウスと同じオリオン座のβ星です。

これらのトップクラスにメジャーな恒星が揃うオリオン座、 オールスター的な感じがしてかっこよくないですか??

オリオン座といえば中心にある二等星「アルニラム」 も面白いので、以下の記事よりご覧ください!

恒星アルニラムはどんな星?【オリオン座イプシロン星】

ちなみに一般的にはα星が最もその星座で明るい恒星ですが、 オリオン座に関してはα星のベテルギウスよりもβ星の リゲルの方が基本的には明るいです。

しかもリゲルはベテルギウスの640光年よりも遠い 860光年彼方に存在しています。

実際にリゲルに向かってみましょう!

リゲルは二重星…?

実はリゲルは連星を成していました!

各恒星のスペックと位置関係を簡単に解説します。

まず一番大きく見えるのがこちらのリゲルAです。

先ほどまで太陽系にお呼びしたりして紹介していた 恒星も、全てリゲルAですね。

そしてリゲルAから2200AUほど離れた場所に、 もう一方の恒星リゲルBが公転しています。

こちらにも向かってみましょう!

本当は、三重連星!?

なんとリゲルBは、リゲルBaとリゲルBbという 2つの恒星による連星系でした!

実はリゲルは全体で 三重連星系ということになります。

これらはそれぞれ太陽の3.8倍、2.9倍の質量を持つ、 かなりスペックの高いB型主系列星です。

リゲルは超エリート集団なんですね!

ですがリゲルAはB連星をはるかに凌駕する明るさのため、 地球から見えるリゲルの光のほとんどがAによるものです。

BはAが明るすぎて望遠鏡でも中々みることができません。

せっかく単体でも太陽の何百倍も明るく輝けるのに影が薄い リゲルB、ちょっと不遇な天体ですね。

 

結論:本物のスターの前ではあらゆるものが霞んで見える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。