宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

宇宙最大の惑星と最小の恒星はどちらが大きい?衝突するとどうなる?

どうも! 宇宙ヤバイchです。

今回は宇宙シミュレーターuniverse sandbox 2を使って、「最大の惑星と最小の恒星の比較」をしてみました!

大きさや質量を比べ、さらには衝突させてどうなるかも見ていきましょう。

色々な天体の大きさを比較していくよ!

地球・木星・太陽

太陽系の中で岩石惑星最大は地球、惑星全体では木星ですね。

ですが一度太陽系から出ると、そこにはこれらの惑星が霞んでしまうほど巨大な惑星が無数に存在しています。

そして周りの猛者たちと比較され普段から不遇な扱いを受けがちなこちらの太陽ですが、宇宙全体では恒星の中で上位5-10%に入るほど明るい星です!

過小評価されているのは単に有名な星がどれもとてつもなく明るいものばかりだからですね。

いつも雑に扱ってごめんねごめんね~。

巨大岩石惑星「スーパーアース」

せっかく地球も呼んでいるので、ガス惑星には敵いませんが巨大な地球型惑星である「スーパーアース」に分類されるKepler−10c を召喚します!

太陽系最大の岩石惑星である地球の更に2倍以上大きいこの星(地球の左にあるやつ)は、地球の17と海王星や天王星を超えるほどの質量を持っています。

既に重さの面では太陽系の常識である地球型惑星<ガス惑星の構造が崩れてしまいました!

これは良い調子ですね(?)

宇宙最小の恒星「EBLM J0555-57 Ab

次は見つかっている中で最小の恒星を召喚してみます!

実はこちらの「EBLM J0555-57 Ab」は半径60053kmと、木星(69911km)を優に下回り、土星(58232km)より少し大きい程度しかないのです!

質量も木星の85と恒星の下限に近く、まさにギリギリ恒星になれたようなスーパーエコな恒星ですね。

太陽の寿命は100億年ほどなのに対し、この最小恒星は数兆年は続くでしょう。

我らが太陽と比べるとその小ささが本当によくわかりますね。さすが太陽さんです!(スリスリ)

宇宙最大の惑星「HD 100546 b

最小の恒星があまりに小さくてこの時点で惑星(木星)>恒星(最小恒星)になり得ることが判明しましたが、せっかくなので最大の惑星もお呼びします!

えぇこんなにでかいのか(歓喜)

現状宇宙最大の惑星「HD 100546 b」は木星の20倍の質量を持ち、6.9倍も大きい超特大の惑星です!

正直質量的に褐色矮星と怪しいくらい大きいですが、どっちにしろ恒星以外でこんなに大きい星は超絶レアでしょう。

木星と比較しても圧倒的に大きいですが、何よりヤバいのが太陽とそんなに大きさが変わらないことですw

太陽系ではちょっと考えられないレベルの惑星です

太陽系惑星や最小の恒星がここまで小さくHD 100546 b 半端じゃないですね!

宇宙最大惑星と宇宙最小恒星がぶつかると?

では最後に「最大の惑星vs最小の恒星」を検証してみます。

宇宙最小恒星である「EBLM J0555-57 Ab」に宇宙最大惑星である「HD 100546 b」を秒速10kmの速さでぶつけるだけの簡単なお仕事です。

ええw 最初一瞬惑星が吸収されかけたかと思いきや、なんと押し勝って恒星が逆に吸収されてしまいました!

予想を完璧に裏切ってきましたね

その代償として惑星の質量が押し上げられ、恒星へと変貌を遂げました。

温度が低いままなので赤色矮星ですらないですが、これは黒色矮星

右上の惑星固定映像を見てみると、時間を進むに連れ衝突の衝撃波が表面を徐々に伝わっていくのが見て取れます。

結論:宇宙最大の惑星は異常なレベルで強かった

 

YouTubeの「宇宙ヤバイch」では宇宙関連の動画を多数投稿しているので、ぜひ下記のボタンからチャンネル登録をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。