宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

正体不明の巨大重力源、グレートアトラクター

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回は「グレートアトラクター」をテーマに動画をお送りします!

キャベチのツイッター(@uchuyabaich)をフォローするとブログの更新がお知らせされます!

銀河群・銀河団

これまで天文学の歴史の中で、数多くの銀河が観測されて来ました。

そして多くの銀河は近隣の銀河同士で重力的に拘束しあっていることまでわかっています。

例えば私たちの天の川銀河も、アンドロメダ銀河やさんかく座銀河などを含む50個程度の銀河と重力的に引き合っていることがわかっていて、これらの銀河群を局部銀河群(ローカルグループ)と呼んでいます。

更におとめ座の方角に5000万光年ほど離れた所には、M87という巨大な銀河を中心とした2000個程度の銀河から成るおとめ座銀河団という巨大な銀河団も形成されています!

ちなみに銀河群と銀河団は両方とも重力的に引き合っている銀河の集団で、その銀河の数が数十個程度だと銀河群それ以上に大規模だと銀河団という風に呼ばれます。

おとめ座銀河団は非常に巨大な銀河団です。

特に有名な銀河群や銀河団を紹介しましたがこれらはほんの一例で、それ以外にもこれまでに多くの銀河や銀河の集団が観測されてきています。

銀河群も銀河団も何者かに引かれている!?

単体の銀河でさえ恒星が億~兆単位で集まった超巨大な構造なので、その質量は尋常ではありません。

天の川銀河も太陽の1.5兆倍もの質量を持っているとされています。

そんな銀河が多数集まった銀河群・銀河団の質量の大きさはもはやいうまでもありませんね!

これらはそれだけ巨大な構造であるという事です。

ですがこれまでの観測によって、なんと局部銀河群を含む地球から2億光年の範囲にある銀河や銀河の集団は、ほぼ全てある一定の方向に引き寄せられるような動きをしていることが判明しています!

それはまるで銀河群や銀河団をも遥かに超えるほどとてつもない重力を持った巨大天体に引き寄せられているような動きであるそうです

この巨大天体は未だ観測されておらず、正体は謎のままだそうです。

地球から約2.5億光年彼方にあると考えられているこの正体不明の巨大重力源は、「グレートアトラクター」と名付けられています。

引き寄せられている天体の動きが全てグレートアトラクターによるものであると仮定した場合、グレートアトラクターの質量は巨大なおとめ座銀河団の実に20にもなるそうです!

なぜグレートアトラクターは謎のまま?

ですが2.5億光年というのは確かに遠いものの人類は100億光年以上彼方の天体を観測できていますし、しかもグレートアトラクターは超巨大な構造だと考えられるため、なぜこれは未だに正体不明のままなのでしょうか?

それは実は地球人にとっては運の悪いことに、グレートアトラクターがちょうど地球から見て天の川銀河の中心方向にあるからなんですね!

天の川銀河の中心は非常に恒星の密度が高いため明るいです。

しかも塵などの星間物質の密度も非常に高く、背後にある天体からやってきた光を遮蔽し目立たなくしてしまいます。

このようにグレートアトラクターはたまたま地球から見て天の川の方向にあるため、未だに明確な正体は不明です!

これだけ巨大な質量を持っているので、物凄く巨大な銀河団なのではないかとも言われています。

いかがでしたか?

何かがありそうだけど正体は不明。こんなロマンがあるシチュエーションはなかなかありませんよね!

今後も天の川中心方向の研究が進み、グレートアトラクターの正体も正確に判明することが楽しみです!

結論:グレートアトラクター

  「エイプリルフールネタかと思った?残念、実在してました!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。