宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

もしも太陽系天体をブラックホールになるまで極限に圧縮したら

 

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。
今回のテーマは「太陽系天体のブラックホール化」でお送りしていきます!

みなさんは「どんな物質でも圧縮すればブラックホールになれる」という事実をご存知でしょうか?
それは私たちの身の回りの物質から、恒星や惑星でも同じことが言えます。

そこで今回は太陽と惑星たちを極限まで圧縮してブラックホール化するとき、どこまで圧縮する必要があるのかを検証していきます!


太陽をブラックホール化

まずは太陽を圧縮します。

太陽の半径が10分の1になりました!まぁこの程度ではさすがにブラックホールにはなりません
こんな感じで質量そのままでどんどん圧縮していきます。

半径7000kmにまで圧縮されました!これはご覧の通り地球とほぼ同じ大きさなので既に相当な密度ですよ。
ちなみに太陽は地球の33万倍重いです。

では引き続きどんどん圧縮していきましょう!

半径が2.95kmになったところでついに太陽がブラックホールとなりました!
これはとんでもない密度ですよ。

これがいかに小さいのか、再度地球と比較してみましょう!

地球と比べてもとんでもなく小さいですね!
半径3kmといえばちょっと大きい公園くらいなので、当然ですね。

フェードアウトして行くと普通に見えなくなります。
この小さい中に地球の33万倍の質量が詰まっているわけですから、その密度は想像を絶するほど!

ここで一つ実験をしてみます。
質量が太陽と同じで半径わずか3kmのブラックホールを中心とした太陽系は現在の公転を維持できるのでしょうか?

はい!可能です!(胡散臭いアフィリエイター風)
重力の影響は質量のみで決まるので、どれだけ半径が小さくなろうと関係がないのですね。

ご覧のように外部の天体まで今の公転軌道を完全に維持できています。

 

木星をブラックホール化

次は太陽系で2番目に重い木星をブラックホールにしてみましょう!
では同様に木星を圧縮していきます!

なぜか惑星は半径をいじると質量も低下していく設定になっているので、今度は密度の数値を上げていきます。

この時点で1㎤あたり13kgもある高密度っぷりです。
まだ半径3000km以上あるのでこれからどんどん圧縮していきますが…

ここで出てきた1.33E+10というのは、1.33×10の10乗(133億)という意味なので、1㎤あたり1330万kgになっています。もはや意味がわからない!

これだけの密度でもまだまだブラックホールには程遠いようなので、どんどん押しつぶしていきます。

まだならないのか…1.33垓g/㎤とは(哲学)

ここにきてようやくブラックホール化しました!
半径はなんと2.82m、視聴者の中にはもっと大きい人がいてもおかしくないレベルです!?

では恒例の地球との比較行きましょう!小さすぎて地球が表示しきれてませんw

ようやく設置できたかと思いきや瞬時に地球が跡形もなく砕け散りました!
こんなに小さいのにどんな威力だ…ブラックホールおそるべし!

 

土星をブラックホール化

続いては土星行きましょう!木星と同様に密度の数値を一気に高めて行きます。
ちなみに土星は密度が太陽系惑星で最も低く、十分に大きい水槽があるとすれば水上に浮くと言われています。

半径84.4cmにまで圧縮された時点でブラックホール化しました!
人間より小さい球体に土星質量が入っているとは、なんという恐ろしいことでしょう…

 

天王星・海王星をブラックホール化

次は天王星行きます!他の惑星同様に密度の数値をどんどん上げて行きます。

天王星もブラックホール化し、半径わずか12.9cm!
手で掴めるレベルです(近付けるとはいっていない)

海王星も同様にブラックホール化した結果、半径15.2cmでした!

 

地球をブラックホール化

ではここからは地球型惑星に入って行きます。
地球をブラックホール化するには何cmまで潰せばいいでしょうか?

どんどん潰していった結果、ガス惑星たちより高密度になるまで押しつぶす必要があると判明しました。なかなか粘ります。

やっと地球もブラックホール化しました!
その大きさはなんと8.87mm!1円玉以下のサイズです。

その小ささを実感するために野球ボールを召喚してみましょう!
野球ボールがめちゃくちゃ大きく見えます!それだけこのブラックホールが小さいということです。

ここに全地球質量が詰まってるのだから驚きですね。

 

金星をブラックホール化

次は金星です。同様に圧縮していった結果、

7.23mmでブラックホール化しました!

テニスボールと比較するとこんな感じ。
あまりに小さいですね!

視点をひいてみると、先ほど地球ブラックホールに弄ばれた野球ボールが宇宙空間を漂っていました。

今気づきましたが、スピードが尋常じゃないことになっていますw光速の約14%です。
ここまで加速させてしまうほどブラックホールは強力なのですね。

大谷翔平選手にはぜひこのくらいの球を投げれるようになってほしいものです。

 

火星・水星をブラックホール化

次に火星をブラックホール化した結果、0.953mmでした!もはや人でも見にくいレベルですね。

テニスボールを召喚するとこんな感じです。どんだけ小さいのかがよく分かります!

同様に水星を圧縮すると0.49mmのブラックホールができました!

 

冥王星をブラックホール化

最後に冥王星をブラックホール化してみます!

耐久力がこれまでよりも高いですね。
1.87E+32って日本語では1.87溝ですが、まず使わない単位ですw

ようやく冥王星もブラックホール化しました!その大きさなんと0.0194mm!!

ゴルフボールと比較してみるとこんな感じ。

真ん中の小さい黒粒が見えますか?
ゴルフボール相手でもほとんど見えないくらい小さくなりました!

 

いかがでしたか?これまでとは異なりかなりミクロの世界を扱ってみました。

そしてブラックホールの特異性を実感できたと思います。

結論:これからは一人一人がブラックホールを携帯する時代が来る!?

 

YouTubeの「宇宙ヤバイch」では宇宙関連の動画を多数投稿しているので、ぜひ下記のボタンからチャンネル登録をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。