宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

宇宙一寒い場所「ブーメラン星雲」ってどんな場所?

どうも!宇宙ヤバイchです。

今回は「宇宙一寒い場所」をテーマに動画をお送りします。

地球上で一番寒い場所

地球上で一番寒い場所といえばこちらの南極です。

2018年には地表付近の温度が-97.8℃を記録したそうで、想像を絶するほどの極寒の世界ですよね。

では地球から離れて視野を太陽系まで広げてみます。

太陽系で特に寒い場所

この太陽系で特に寒い場所はどこでしょうか??

太陽系の熱は中心の太陽から供給されているので、当然太陽から遠い場所ほど寒くなります。

例えば準惑星の冥王星の温度は-230℃と超低温です!

特にこのトリトンは、太陽からの距離の割に非常に寒いことで有名です。

ほぼ同じ距離にある海王星の-220℃に対し、トリトンは-235℃

さらに遠い冥王星より寒いですね。

ではさらに視野を広げ宇宙全体を見たとき、現在見つかっている中で最も寒い場所はどこでしょうか??

宇宙一寒い場所

それはこちらのブーメラン星雲になります。

このブーメラン星雲は地球から5000光年離れた場所にあり、ブーメランというよりは蝶ネクタイのような形をしています。

ブーメラン星雲は原始惑星状星雲というタイプの天体です。

太陽の8倍未満の質量を持つ恒星は末期に赤色巨星となり、その外層のガスを放出して、白色矮星へと進化します。

このブーメラン星雲でも生涯を終えた恒星が中心からなんと164km/sという超高速でガスを放出し膨張させているため、宇宙最低の温度を記録していると考えられています。

このブーメラン星雲の肝心の温度はというと、なんと-272℃

-273℃が絶対零度といってこの世界での最低温度なので、ほぼこれ以上寒くなりようがないほど寒くなっています。

現在の宇宙の温度は?

そして現在の宇宙の温度は-270℃だと考えられています。

太陽のような熱源が何もない場所で長い時間を経過させると、このように-270℃へと収束していきます。

宇宙の温度-270℃よりも寒い場所は、現在ブーメラン星雲以外どこにも見つかっていないそうです。

それほどまでに異次元の寒さを誇っているわけですね!

この太陽も最終的には現在の200-250倍程度の大きさにまで膨張し赤色巨星になり、高速でガスを放出して惑星状星雲を形成すると考えられています。

超新星爆発を起こさないとはいえ、熱かったり寒かったり、恒星の最期の間近で生き延びるのは簡単じゃないですね!

結論:ブーメラン星雲に行くときは厚着をしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。