宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

もしも太陽の表面温度を極限まで高めたら?最後まで残る天体は何?

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回は宇宙シミュレーターuniverse sandbox 2を使って、「もしも太陽の表面温度極限まで高めたらどうなるのか」を検証していきたいと思います!

現在の太陽の表面温度は5500程度、温度の下限(-273.15度)である絶対零度を基準にした絶対温度だと5800K(ケルビン)程度です。

本来太陽に安定した主系列星の場合質量と温度は相関関係がありますが、今回はあえて太陽の大きさや質量は固定させます。

では早速温度を2倍にしてみると、色が黄色から青白い色へと大きく変化しました!

恒星の色は表面温度によって異なっていて、温度が低い方から赤青といった具合に変化していきます。

ちなみにこの温度はあの有名なリゲルと同程度の温度です。ただしリゲルは太陽の80倍も大きい怪物ですが

太陽の2倍以上の温度を持ちながらもこの圧倒的なサイズを持つリゲルは、地球から肉眼で見える恒星の中ではトップクラスのエネルギーを誇ります!

太陽の温度を2倍にした結果、すでに水星の温度が現実の金星を上回る640度となり、金星に至っては1200度を超える結果にw

この金星ではグラードンが101番道路で普通に出て来そうです。

 

そして地球はと言うと

あれ、意外と無事?温度が21.6度でとどまっていますが、時間経過を早めるとぐんぐん温度が上昇し始めました!

海は比熱が高く温度上昇に大量の熱を必要とするため、地球は他の惑星より変化が鈍いです。

最終的には地球の温度は300度まで上昇してしまいました。でも陸地はまだまだ判別可能ですね。

地球以遠の惑星については火星が172度、木星が-48.8度、土星が-111度、天王星が-177度、海王星が-190でした。木星以遠はまだまだ寒い

 

では続いて表面温度をさらに2倍の23000にします!

青白い色からさらに真っ青に変化しましたね。

23000度といえばおとめ座α星のスピカの表面温度が25000度近くあり、温度帯としては近いです。

周囲の惑星の状況を見てみると水星は1600-1700度、金星は2700まで温度が上昇していました!

超高温下でも温室効果は絶大ですね。

地球も900度近い高温で、ちらほらと地表が溶けています

大陸の形がはっきりと見て取れるのが生々しいですね。

ちなみにそれ以遠の惑星については、火星が541度、木星が178度、土星が49.1度、天王星が-40.2度、海王星が-82.7度、冥王星が-124でした。

では続いてさらに2倍の46000まで温度を上昇させてみます。若干また青さが増しましたね。

この温度帯の恒星は相当に珍しく、当チャンネルでも何度も出ているR136a1など、宇宙全体でも最高レベルのスペックを持つ恒星に匹敵します。

とはいえR136a1はこれだけでかい上、温度も54000度とさらに上を行くため、エネルギー的にはまだまだ遠く及びません!暫定宇宙最強の恒星は伊達じゃないです。

もしも最強恒星R136a1が太陽系の中心にあったら他の天体はどうなる?

 

それぞれの岩石惑星の温度は水星が2938度、金星が5678度、地球が2027度、火星が1351でした。

それ以遠は木星が627度、土星が369度、天王星が190度、海王星が104度、冥王星が-64.6でした。

では続いて一気に4倍の18.5万度まで温度を上げます!

なんと、水星があまりの高温についに耐えられず蒸発し消え去ってしまいました!

他の星々も並の恒星以上に超高温で輝いています。

 

惑星を蒸発させるほど強力なこの太陽、元の太陽の32倍の温度、100万倍ものエネルギーを誇ります!

ですが先ほど登場したR136a1のエネルギーはなんと太陽の800万倍もあります、もちろん太陽系の中心に置けば水星はおろか火星まで蒸発させるほどです。

続いて一気に300万度まで表面温度を上昇させると、ガス惑星を除くあらゆる天体が消滅して行きます!

天王星・海王星も徐々に質量を奪われ、最終的に何も残さず消滅していまいました。

木星と土星は質量が大きいためまだ完全には蒸発せずに残ってます!

 

さらに2倍の600万度にまで上げて畳み掛けます!

木星(?)、土星(?)共に温度が10万度前後まで到達し、土星に至っては元の面影がない姿に慣れ果てていますw

 

遂には土星も力尽きてしまったので、最後は極限まで温度を上げてみます。1.2億度まで到達すると

なんと燃料を使い果たしたドーピング太陽が先に逝き

その直後跡を追うように木星も無事逝きました。

 

ちなみに最後の太陽のエネルギーの強さは、元の太陽の20京倍でした、インフレしスギィ!

結論:太陽の表面温度を燃料を使い切る極限まで上昇させると1.2億度に到達する。木星が生き残るが、最終的には太陽もろとも消滅する。

 

YouTubeの「宇宙ヤバイch」では宇宙関連の動画を多数投稿しているので、ぜひ下記のボタンからチャンネル登録をお願いします!

2 Comments

ゆさ

宇宙ヤバイchデータベースめちゃくちゃ重宝してます。
記事には動画と文字起こし二つあるから両方楽しめるし。
なにより見やすくてすごいありがたいです。

返信する
cabechi

ゆさゆささんお世話になってます!
お、実際に使っていただけてこちらもうれしいです!
今後このデータベースも成長させたいので、より便利なコンテンツを提供していきます♪
「こういうのあったらいいな」などリクエストがあればいつでもよろしくです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。