宇宙ヤバイchオリジナルペンダント好評発売中!

爆発間近!?ベテルギウスってどんな恒星?特徴まとめ!

どうも!宇宙ヤバイch中の人のキャベチです。

今回は「ベテルギウスはどんな恒星?」をテーマに動画をお送りしていきます。

ベテルギウスの大きさを太陽など他の天体と比較

ベテルギウスの特徴で外せないのがその大きさです。

赤色超巨星という最も巨大なカテゴリーに分類され、その大きさは太陽の1000近くにもなります!

太陽と直接並べるとその差は歴然ですね。

ちなみに現在見つかっている中で最も大きいのはたて座UYですが、それとも大差ないほど巨大です。

ベテルギウスを太陽系に置くとどうなる?

ベテルギウスがもしも太陽系の中心にあったとしたら、その大きさは火星の公転軌道を丸々飲み込んで、木星の公転軌道まで到達しそうな勢いです!

そしてベテルギウスの放出エネルギーは太陽の12万倍にもなります。

当然周囲の太陽系天体は壊滅的被害を受けますw

地球がそのエネルギーから逃れてちょうど今と同じ適温になるには、地球はベテルギウスから340AUも離れたところを公転する必要があります。

内側の小さい円が海王星の軌道です!

ベテルギウスは冬の大三角の一角を担う

ベテルギウスはオリオン座のαです。

地球から見て明るく見える太陽以外の恒星ランキングでは第9位なので、相当明るく見える恒星ですね!

ベテルギウスはオリオン座以外にも、冬の大三角の一角を担っています。

他にはシリウスプロキオンが構成員です。

冬の大三角については以下の記事で詳しく解説しているのあわせてご覧になって下さい!

もしも冬の大三角の星々を同じ位置に置いたらどうなる?

ベテルギウスの距離は?実際に向かってみよう!

ベテルギウスは地球から640光年ほど離れた所にあります。

実際に向かってみましょう!

到着しました!

道中で地球から見えた星の並びがかなり変化してしまいましたね。

ちなみにベテルギウスの周囲に惑星の軌道が見えますが、これらは架空のものとなります!

ベテルギウスの超新星爆発は間近!?

そしてベテルギウスを語るうえで絶対に欠かせないのが、超新星爆発ですね!

恒星の進化の末期段階にあって、もういつこのように爆発しても不思議じゃないとされます。

そこで気になるのが、超新星爆発時に自転軸方向から放出されるリアル破壊光線「ガンマ線バースト」ですね!

一応ベテルギウスの自転軸は地球の方向を向いていないため直接の影響はないと予想されていますが、爆発の際に軸が傾く可能性は0ではありません。

その場合は爆発が見えた瞬間にすでにバーストしてるので一瞬の出来事です、ご安心ください♪♪

 

結論:ベテルギウスは今一番注目されている恒星!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。